『COSMIC STEW』忘れかけてたGROOVE & FUNKNESSが呼び起こされる

どーも!実行委員長のジンヤです!
今回僕がご紹介するのは……
札幌のFUNKバンドと言えばこの方達!【COSMIC STEW】さんです!!!
SLY & THE FAMILY STONE、FUNKADELIC等に影響を受けた土臭いファンクネスを基盤にしながら、
SOUL、BLUES、70’s ROCKの怪しい魔力と魅力を独自の日本語詩とサウンドに内包し、
熱いメッセージをソウルフルなヴォーカルで歌い上げ、
うねり、とぐろを巻きながらファンクし続ける最高の時間を提供してくれます!!!
忘れかけてたGROOVE & FUNKNESSが呼び起こされること間違いなし!
VoのKOJIさんには僕が10代のころからお世話になりっぱなしで、
KOJIさんが切り盛りする札幌にあるBar「ネオ酒場waltz」では、当実行委員メンバーも
朝方まで飲み明かす事もしばしば笑

トヨトミサイル初年度からの念願かなって今回初参加が決定しました!!!嬉しすぎるー!!!
皆さんに伝えたいことは山ほどありますが、なにせ当日本物を見て体験してもらえれば、僕の言いたかったことが
伝わるはずです!!!
60’s~70’sのフレイヴァー溢れる歪んだオルガン、OLD HARD ROCKとSOUL&FUNKYさを巧みにブレンドさせたソリッドなギター、
FATでTIGHTなリズムセクションベース&ドラムス、これはもうココロオドル最高に熱い空間!
会場は””FUNK-A-NATION”に彩られてゆくでしょう!!!

セーラー服を着て ギターを持って 真っ直ぐに歌う男!『マグナム山本』

こんにちは!マグナム山本を紹介する
ミサイル装飾担当すっぴーです\(^o^)/

稚内のアコースティックといえば!
マグナム山本でしょう!!!
セーラー服を着て ギターを持って
真っ直ぐに歌う男!それがマグナム山本!
いつでも全力!そんなマグナム山本に
みんな心掴まれてます!!すずも!
ちなみにすずはマグナム山本の
テーマソングがめっちゃ好きです(^O^)笑

今年トヨトミサイルに出演する
THE BOYS &GIRLSが大好きらしく
マグナム山本気合い十分だとおもいます!

セーラー服を着てくるかはわかりません!笑
が!ぜひマグナム山本をいろんな人にみてほしい!
きいてほしい!きっと心掴まれるから!笑
みんなに愛される意味がきっとわかるから!

『Gabby』ストリートから始まったレゲエ

はい!こんにちは、イベント担当のなるみです!
私が今回紹介しますのは、孤高のDeejay、Gabbyです!
彼は私と同じ釧路出身の27歳、尊敬してやまない人物。

私が彼に初めて会ったのが約8年前。
当時19歳だった私に、同い年の彼が作る曲はほんとによく響きました。

中学の頃からアコースティックギターで曲をつくり始め、16歳にはDeejayとして活動、
地元釧路では、ジャンルの垣根なんてぶっ壊そうぜをテーマにイベント、”ENEMY CRASH”を主催、地元バンドとコラボしたGraph RaggaRock Hustlerがイベントを盛り上げていました。

その後、札幌を拠点として全国に活動範囲を広げ、2013年、2014年と二年連続でRoad To 横浜レゲエ祭に北海道代表として出場。
一旦の活動休止もあったものの、2016年に北海道最大級クラブフェスSURPLIZEにて復活し、2017年にはアルバム『詩雨語』でまた一味も二味も違うGabbyになって帰ってきてくれました!!

彼の書く歌詞はいつもとても真っ直ぐに心に刺さります。
さらにジャンルにとらわれない変幻自在な音楽で魅了してくれます!!!
一度聴いたら忘れられないメロディーにのってくる歌詞は、シリアスだったり愛にあふれていたり、等身大でぶっ刺さってきます。
道北の音楽シーンに間違いなく衝撃を与えてくれる事でしょう!
むしろ風穴をぶち開けてほしい!!!!!!!!!!笑

心の底から応援するとともに尊敬しています!!
とにかくみんなに聞いてほしい。

 

ーーー2013年発売『PYRAMID』 晴れのち雨、曇りのち晴れ
iTunesレゲエチャート 5位(当時)

 

ーーー2017年発売『詩雨語』 ストーリー

 

『Thug Life Souljahz』大人達にはなつかしく若者には新しいサウンド!

こんにちは!札幌のミクスチャーバンド
ThugLifeSouljahzの紹介をさせていただく
ミサイル装飾担当すっぴーです\(^o^)/

US西海岸のミュージックサウンドスタイルを
ベースに ハードコア、パンク、レゲエ、
ヒップホップとメンバー各々の
Roots&grooveをミックスしたサウンド
US:CaliforniaへのRespectとJP:Hokkaidoで
感じた空間を融合させた独自のOriginalpremiumblendを目指し活動中!

大人達にはなつかしく若者には新しいサウンド!
ここらへんには、なかなかない感じのバンドで
すずは初めて見た時すごく衝撃をうけました!
なにこのバンドめっちゃかっけえ。って。
わたしカメラマンだったのに釘付けで
あんまり撮れなかったのを覚えてます笑

そっから何回も札幌にもライブみにいった!笑
5月にはGrow with my ownをリリース!
そのかっこいいCDをもってトヨトミサイルに
来てくれますよ~!!

サグライフはとってもお酒が合うバンド!
野外フェスでサグライフ聞きながらお酒のんで
いっぱい楽しもー!楽しみー!!!

『ザ・ゾンビーズ』世界を股に掛ける伝説のロックバンド

どうもMC担当まみです!

わたしが働く稚内の居酒屋丸ちゃん店主の、丸ちゃん率いる最高のブルースロックバンドがトヨトミサイルに参戦です!

この記事を書くにあたり、丸ちゃんになんて紹介したらいい?って聞いてみたら『世界を股に掛ける伝説のロックバンド』と言われました…北は稚内、南は豊富まで縦横無尽に駆け巡り多彩なステージを繰り広げています!!…といっても今回、豊富初ステージなはずなんですけどね!稚内のみってことですよねわはは!
とにかく!普段はふざけた楽しい人たちですけどライブはめちゃくちゃファンキーでブルースでロックです!
わたしが近年一番多く観ているバンドです。

新たにベースメンバーが加入して更に更にパワーアップした新生ゾンビーズがトヨトミサイルで観れます!
みんなも右手でZの文字を作って一緒に叫ぼう!ゾンビーズ!!

5人の妖精『HAND JOB』

こんばんは、ステージスタッフ松田です。

私が紹介させて頂くのは、『HAND JOB』です。(由来は詮索しないで…)

えー、ザックリ言えば、おっさん達の学祭バンド的なノリです。笑

だがしかし、昨今の息苦しい世の中で、言いたい事も言えないこんな世の中で、果たして皆は本当に楽しんでいるのだろうか?

そう、『HAND JOB』はそんな世の中だからこそこの地に産み落とされた希望の塊。

誰にも指図されず、周りも見ず、只々純粋に楽しむ為に集められた5人の妖精。

彼等のプレイを見て忘れていた何かを、楽しむとは何かを感じてもらえれば幸いだ。

そして、同じようにヤキモキしてるおっさん達がこれを機に「音楽、楽しい!」「俺もやってみたい!」って思ってもらえれば最高だ。

そんなイカしたおっさんバンド『HAND JOB』を刮目せよ!

カッコ良く紹介したらそんな感じで

宗谷管内ライブ出演数ほぼNo.1バンド『Stand Out From The Crowd』

どうも実行委員長のジンヤです!
今回僕が紹介するのは!
メンバー全員生粋の豊富っ子!
僕らの可愛い後輩たち!

Stand Out From The Crowd!
バンド名が長いのでSOFTCと略すか、タクランケの中ではソフトオンデマンドと呼んでいますw

バンド名の由来は、”群衆から目立つ”という意味だそうで、日本にpunkやメロディックハードコアを多く広め、ギターキッズや3ピースバンドを数多く輩出した生みの親と言っても過言ではないバンド(ここまで言えば大抵の人は気付くはず!)

そう!その名も!

Hi-Standard!!!

に強く影響を受け(僕もその昔コピーバンドをやっていた)彼らも3ピース、ベースボーカルといったスタイルはそのままだ!

彼らの音楽はメロコアと言われ、このジャンルにハマるバンド層は分厚く世界各国に渡る。
そして日本でも有名なバンドも両手両足の指の数では足りない程沢山いる。

彼らはその群衆から一歩飛び抜けてやる!!!

という思いで独自の音楽スタイルを構築しつつある。
と勝手に思っている。

ライブ毎にどんどん良くなるステージング、弾き方、歌い方、ドラムパフォーマンスは否が応でも期待してしまう!

結成間もない彼らだが、現在宗谷管内にあるバンドの中ではライブ出演数No.1だろう。

このままどこまで成長していくか楽しみに見守っていたい!
そんなバンドなんです!

皆さんも豊富人に流れる音楽への姿勢をとくとご覧ください!!!

『雲水-unsui-』心休まるヒーリングミュージック

雲水ことTakashima Kentaroさんは神奈川県横須賀市出身であるが、世界中を旅しながら寺社仏閣に音楽を奉納したり、各地のフェスや路上ライブなどの活動をしているんです!
ガングドラムをメインにアフリカのアサラト(パチカ)やオーストラリア・アボリジニのディジュリドゥなど世界各国の民族楽器を奏でるミュージシャン。

ガングドラムとはスティールドラムに似た音色の金属製の打楽器で、日本人のgankoさんが作成している楽器だそうです!

周りにあるもの全てを包み込むような音色に、長く続く余韻は一度聞いたら心を奪われます!
激しいロックの間に、心休まるヒーリングミュージックはトヨトミサイルステージでは初の空間になるでしょう!!!

『若葉』スコティッシュ、ロックンロールの枠を超えた無限大の音楽

あの若葉がトヨトミサイルにやってくる!(5年ぶり3回目)

アイヌの言葉で歌うケルトのメロディでいつでもどこまでも湧き上がる楽しい気持ち
必ず誰にでも届くこの音を是非一度
ならず二度三度! 生でご覧いただきたい
共に歌い踊れば酒も飲まさる素敵なバンドです
5年ぶりのニューアルバム「JACK OFF TILL DAWN」を引っ提げて、若葉が街にやってくる!

たった1オクターブのバグパイプから響きわたる音色はスコティッシュ、ロックンロールの枠を超え若葉という無限大の音楽だ!
ホリッパ トイェ ウシウシウ ロ!
(みんな歌い踊ろう!)

『space土chant』アフロ、レゲエ、民謡、ポリフォニーなど土着でグルービーなリズム

すごい人達が参加してくれます!

木村優斗さん(パーカッション、ボーカル)とヤーマンシンゴさん(ギター、ボーカル)から生まれたトライバルユニット。 Space-宇宙、土-Roots、chant-祈り、アフロ、レゲエ、民謡、ポリフォニーなど土着でグルービーなリズムで祈りの詩を唄ってくれます!

今回出演が決まっている、DJ TABURA氏が豊富町のイベントでspace土chantさんの音源をかけていて、一瞬で好きになり、しかもすぐに僕らを繋げてくれて、実現した今回の出演!

常に大地に感謝、人に感謝、神に感謝、生き物に感謝をして家族を大切に生きるシンゴさんと、ニューヨークでjazzやワールドミュージックのプロのミュージシャン達とともに音楽活動をしていた木村優斗さんの生み出す音楽は、ストレートな歌詞にどこか懐かしくなるようなメロディ、体が勝手に揺れてしまうリズムはぜひとも体験してもらいたい!!!