『Gabby』ストリートから始まったレゲエ

はい!こんにちは、イベント担当のなるみです!
私が今回紹介しますのは、孤高のDeejay、Gabbyです!
彼は私と同じ釧路出身の27歳、尊敬してやまない人物。

私が彼に初めて会ったのが約8年前。
当時19歳だった私に、同い年の彼が作る曲はほんとによく響きました。

中学の頃からアコースティックギターで曲をつくり始め、16歳にはDeejayとして活動、
地元釧路では、ジャンルの垣根なんてぶっ壊そうぜをテーマにイベント、”ENEMY CRASH”を主催、地元バンドとコラボしたGraph RaggaRock Hustlerがイベントを盛り上げていました。

その後、札幌を拠点として全国に活動範囲を広げ、2013年、2014年と二年連続でRoad To 横浜レゲエ祭に北海道代表として出場。
一旦の活動休止もあったものの、2016年に北海道最大級クラブフェスSURPLIZEにて復活し、2017年にはアルバム『詩雨語』でまた一味も二味も違うGabbyになって帰ってきてくれました!!

彼の書く歌詞はいつもとても真っ直ぐに心に刺さります。
さらにジャンルにとらわれない変幻自在な音楽で魅了してくれます!!!
一度聴いたら忘れられないメロディーにのってくる歌詞は、シリアスだったり愛にあふれていたり、等身大でぶっ刺さってきます。
道北の音楽シーンに間違いなく衝撃を与えてくれる事でしょう!
むしろ風穴をぶち開けてほしい!!!!!!!!!!笑

心の底から応援するとともに尊敬しています!!
とにかくみんなに聞いてほしい。

 

ーーー2013年発売『PYRAMID』 晴れのち雨、曇りのち晴れ
iTunesレゲエチャート 5位(当時)

 

ーーー2017年発売『詩雨語』 ストーリー